働き方改革の影響で残業が少なくなる一方で、残業代が稼げない人が多くなっています。

このような中で、何としても収入を増やそうと考える人も多くなりその一環としてFXが注目されるようになりました。

FXはデイトレーダーとして一瞬のうちに大金を手にする人が多くいることから、基本的には短期間でも利益を得られます。

もちろん損をしてしまうこともありますので、まずはFXのリスクなどをしっかりと把握しておかなければなりません。

次に、どこでポジションを手放すかの判断力を身につけることです。

利益がある場合、欲が出てまだ上がるだろうと保持し続けた結果損をしたという人は少なくありません。

そのため、10万円をすぐに使うのではなく一定期間は実際に購入をせずにポジションを保有したつもりでFXの流れを掴むことも重要です。

中には自己資金である10万円すべてをつぎ込む人もいますが、ある程度余裕のある状態で手元に生活が十分にできる資金を残して入金をした方が良いとも言われています。

これは、生活に余裕がなくなると利確や損切り時に正常な判断を下せなくなるためです。

または、大幅な赤字を出した時に少しでも取り返そうと借金をしてまで続けようという人もいますが、この場合も精神的に不安定な状態での判断を求められるようになるため避けた方が良いです。

10万円ならば利益が出れば大きく稼げるかもしれませんが、その反面損害額も決して少なくはないため両者のバランスをきちんと理解することが求められます。

こういったバランスを把握するとともに、はじめは月にいくら利益を出すかの目標を立てることが重要です。

確実に利確をする癖をつけることで、少しずつ資金が増えていき年間を通して大きな利益を得られることも多くあります。

ただし、目標達成できないからと追加で資金を投入すると思わぬ破滅を招く危険性もありますので、注意することが必要です。

準備ができたら口座開設に進みますが、口座といってもそれぞれの会社で特徴があるため事前に調べるようにしましょう。

少額取引に対応しているかどうかなど、10万円でどれだけ購入できるかにも関係してきます。経済状況に注目することも大切ですが、チャートにおけるローソク足の読み方などを理解しておくと勝てる確率は上昇すると言われています。

学んだ通りに動くわけではありませんが、判断の材料として役に立つことが多いです。

10万円は決して安い資金ではないため、しっかりとFXを理解した上ではじめることが大切です。



 

インヴァスト証券「トライオートFX」