株主優待などの特典を受けるために優待銘柄を買う場合、適切なタイミングやおすすめの買い時があります。

ただ買えば良いというわけではなく、どうせなら得する買い方を目指してみてください。

これから株主としてデビューするつもりの初心者は、是非とも記事の中で紹介することを参考にしてみてください。

おすすめの買い時とは

優待銘柄を買うのであれば、権利確定日の数ヶ月前をおすすめします。

権利確定日とは株主名簿に記載され、優待の権利が確定する日のことです。

権利確定日は企業から発行されるカレンダー、または企業の公式ホームページなどでチェックできます。

そして株主優待を受けるためには、権利確定日から2営業日前の権利付き最終日までに購入する必要があります。

 

株主優待目的の場合、その日になってから買うことはおすすめできません。

企業の株価が権利確定日にかけて徐々に上がり、権利確定日を過ぎると下がる可能性があるためです。

 

直前になって株を買うと、株価が上がり切った割高な状態で買うことになってしまいます。

すると優待の価値よりも大きな損失が発生するおそれもあるため、余裕を持って買った方が良いのです。

たとえば3月に株主優待を受けることができる場合、11月か12月ごろが買い時となります。

日経平均株価が大幅に値下がりした日も、買うには良いタイミングです。

株式市場は常に同じ状態ではなく、様々な要因により変動を起こします。

年に1回か2回ほど、日本には直接関係しない経済や金融の混乱により影響を受けることもあるのです。

特に大きな理由はなくても、市場に参加する投資家の心理が影響することもあります。

優秀な投資家も人間であるため、強気から弱気となる場合もあるでしょう。

すると市場全体が弱気となり、株価が大幅に値下がりする日もあるのです。

そのような日は会社の業績とは無関係に、株価が大きく下がりやすくなります。

結果的に優待利回りが上がり、割安で株を買えるチャンスができるのです。

過去の値動きを注意深くチェックすると、日経平均株価が大幅に値下がりするタイミングがわかるかもしれません。

株式市場には不安定な部分がありますが、過去と同じ値動きが起きる場合もあるためです。

まとめ

最短での優待を受けたいという人も、一番最初の株式の購入は余裕を持って権利確定日の数ヶ月前にすると良いでしょう。

年間を通して優待銘柄を買うタイミングを検討しておけば、慌てて高値で購入しなくても済むはずです。

余裕をもって行動し、利益を確保していきましょう。