会社の株式を購入することで優待を受けられる場合もありますが、優待ばかりに気を取られると損をしてしまうかもしれません。

優待株を購入する上で損をしないためには、いくつかのコツがあります。

そのコツを知っているか知っていないかでは大きく違うため、この機会に覚えておきましょう。

損をしないコツ

まず株式を発行する会社の情報を細かくチェックしましょう。

たとえば国策に関わりのある会社の場合、多額の税金が投入されることになります。

一方で国策が過多となり、資金が循環しやすいという状況もあります。

 

狙っている会社の日々のニュースには、目を光らせておきましょう。

流行にマッチした事業を展開した会社は、優待株の人気が上がる可能性があります。

チャンスを失わないよう、日ごろから身の回りの流行にも気を配っておくことが重要です。

自分自身が仕事をしている業界の優待株があれば、情報の質と量において有利となるでしょう。

一般にはそれほど知られていない情報や感覚を活かしてスピーディーに行動すれば、利益につながることでしょう。

ただし未公開情報を不法に利用するとインサイダー取引となるため、くれぐれも注意してください。

チャートを観察

短期投資を考えている場合、チャートをよく見ることです。

月足では株価水準を、週足ではトレンドを見ます。

そして日足で売買のタイミングを確認して、チャートを読む力を身につけるのです。

自分の感覚だけを頼りに優待株を購入しても、損をしてしまう可能性が高くなります。

株式市場は常に一定の状態を保っているわけではなく、様々な要因で変動するためです。

 

チャート上の値動きを見てみると、一定の周期で似た動きをすることがあります。

日ごろからチャートを読むことで、値動きを把握して予想する力を得ることができます。

たとえば持ち合いを上放れした優待株は上昇が強く、その後もしばらくは上昇し続けるといったことです。

上値抵抗線を抜けた優待株はしばらく上昇し、トレンドが続きやすいと言われています。

トレンドの出やすいチャートの型については覚えておくとよいです。

まとめ

いざというときに状況を判断できる力があれば、損失を回避することができます。

優待株を購入する際は経験も重要なポイントですが、チャート上から読み取れる情報を上手く活かすべきです。

損をして後悔するのではなくそのような後悔をしないためにも、今回紹介したコツを意識してみてくださいね。

 

株は技術だ、一生モノ!

【相場師朗】のショットガン投資法