FXにはレバレッジと呼ばれるシステムが存在します。

あまり聞き慣れない単語ですが、これからFXで投資を始めようと考えている人にとっては必須の基礎知識です。

レバレッジを利用するメリットと、そこに潜むリスクについてみていきましょう。

レバレッジのメリット

レバレッジとは、手元となる投資資金に倍率を掛けることを言います。

自分で用意した資金1万円に10倍のレバレッジを掛ければ、10万円分の資金として取引が可能になるということです。

これはFX独自のシステムであり、また最大の特徴、メリットです。

FXが少額投資に向いている、また少額からでも始められると言われる所以はここにあります。

 

レバレッジのメリットは、何といっても「少ない元手で大きな利益を得ることが出来る」点です。

たとえば1ドル100円の時に100ドル分買い、120円になった時に売れば利益は2,000円です。

 

レバレッジを10倍にすれば、同じ投資資金でも1,000ドル分買うことが出来、利益も20,000円に跳ね上がります。

当然、掛けられる倍率は10倍以上のものもあるため、上手に使えば少額の投資で莫大な利益を得ることが可能です。

 

日本国内の口座ではレバレッジの限度は25倍とされていますが、海外口座の場合は100倍から3,000倍までのレバレッジに対応しています。

レバレッジのデメリット

次にレバレッジのデメリットですが、これはデメリットと言うよりもどちらかと言えばメリットの裏返しです。

少額の資金で莫大な利益を望むことができるということは、当然その逆もあり得ます。

特にレバレッジは倍率が高くなるほどリスクも増し、場合によっては到底支払うことのできない損失を被る可能性も否定できません。

 

特にFXではロスカットと呼ばれる取引により、一定以下の損失が発生した場合強制的に決算が行われます。

そうなってしまうと、払える払えないに関わらず損失は確定してしまいます。

まとめ

FXを始めたばかりであれば、レバレッジは低めに設定し、万が一損失が出ても支払う事のできる範囲に留めましょう。

高い倍率のレバレッジは、それだけハイリスクであることを忘れてはいけません。

FXはレバレッジのシステムにより、少ない元手で大きな利益を得ることが出来るのが魅力です。

しかし、高い倍率のレバレッジは基本的にハイリスクハイリターンであり、初心者にはおすすめできません。

リスクを最小限に抑えたい場合は、レバレッジを使わないか、もしくは低倍率での利用に限定しましょう。

 

専業トレーダーを目指すならMaestro FX

自動売買&スワップ投資なら「トライオートFX」

初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール DMM FX