株主優待でもらえる商品には様々なバリエーションが存在し、人気が高いものも多くあります。

その企業と関連のある商品やサービスが基本となりますが、目的に応じて購入すると楽しさも倍増します。

自分の欲しいものが優待の中にあるか、事前にチェックすることをおすすめします。

はっちゅう君

日本国内には多数の飲食チェーンが存在します。ファミリーレストランやファーストフード店、定食屋や料亭やラーメン屋など多岐にわたります。

必要な数の株を保有していると、食事券または割引券がもらえます。

割引ではなく食事そのものを楽しめる場合、1枚の券があれば1回分の食事ができるのです。

外食する機会が多い人から、人気が高いです。

食品会社やスーパーマーケットなどの株主優待では、飲食料品がもらえます。

お米や飲料水、調味料やコーヒーなどがあります。

自宅で料理をしたり飲み物を楽しむ習慣がある人に向いている内容です。

インスタント食品の企業であればカップ麺、製菓会社ならお菓子などがもらえます。

食事を摂ることは人間が生きるために必要が行為であり、街中には様々な飲食店やスーパーマーケットなどがあるでしょう。

つまり需要が高いため、株主優待としても人気が高くなっています。

食事に関するもの以外では、日用品があります。

化粧品や医薬品の企業では、シャンプーや栄養ドリンクなどがもらえます。

美容や健康に関する商品が手に入るのです。

 

また企業の種類に問わず、買い物券やプリペイドカードがもらえるところもあります。

特定の商品やサービスではありませんが、買い物の際に使えるため汎用性が高いです。

買い物ができる用途が本に限られるものの、図書券または図書カードがもらえるところもあります。

全体的に見ると数に限りがありますが、限定品などもあります。

たとえば地方の金融機関では、江戸硝子が使われたオリジナルのグラスがもらえます。

株主優待でなければ手に入らないため、希少性が高いです。

インヴァスト証券「トライオートETF」

また、株主向けに発行されたカタログがあり、その中から好きなものを選べる場合もあります。

特に欲しいものが決まっていない場合、気分次第で好きなものを選べることができます。

 

このようにもらえる商品のバリエーションは豊富で、どの株式を購入するかの判断材料となる場合もあるのです。

企業の業績や社会的評価だけではなく、自分にとってどのような得があるかもポイントと言えるのです。

欲しい商品をもらえるチャンスがある企業の株は、早めに購入すると良いでしょう。