会社の株主が特定の条件を満たすと、優待をもらうことができます。

そのためには会社が発行した株式を購入する必要があり、配当金や優待をもらうためには一連の流れが存在します。

今まで株式を購入した経験がないという人は、是非ともこの記事の内容を参考にしてみてください。



まず株式の購入についてですが、証券会社を利用する必要があります。

株式は基本的に証券会社でしか購入できません。

しかし現在ではネット上で簡単に購入できるようになっているため、初心者だからといって難しく考えなくても大丈夫です。

 

証券会社またはネット証券の口座を開設し、好きな銘柄を選びます。

取引のために手数料が発生する場合もあるため、コスト削減を希望するのであれば注意して選んでください。

そして発注となりますが、パソコンかスマートフォンの画面上で操作できます。

選んだ銘柄を何枚購入するか、いくらで購入するか、を指定するだけです。

 

逆指値や執行条件など、細かな条件を指定できる場合もあります。

優待をもらうためには、権利付き最終日までに必要が数を購入することが条件です。

楽天証券

権利付き最終日とは株主優待の権利が発生する最後の日であり、その2日前には購入しておく必要があります。

たとえば100株以上購入で商品券がもらえる場合、最低でも100株以上は必要です。

 

配当を得る一連の流れですが、基本的には待つことです。

証券口座の開設時に設定した口座があれば、自動的に入金されます。

口座は郵便局、または銀行口座に設定できる場合もあります。

 

設定さえできていれば、株主が面倒な手続きを行う必要はありません。優待を得る一連の流れも同じで、自宅に届きます。

 

優待の内容が商品券や割引券などの場合、それが届くまで待てば良いのです。

そもそも株主に対する優待は、会社からのありがとうという感謝の気持ちとも言えます。

 

長期的に株式を保有してくれる株主がいることで、会社にとっても安定というメリットが働くためです。

配当や優待について株主が難しく考える必要はなく、楽しみに待てば良いでしょう。

得られるタイミングが企業ごとに異なるため、事前に確認しておくことも重要です。

株式の購入で何かわからないことがあれば、証券会社に質問してもよいです。

配当や優待を得るための流れは基本的に待つことです。株主が難しく考える必要はありません。