会社の株主になると様々な特典を受けることができ、株主総会に参加することができます。

株主総会は株式会社の最高意思決定機関なのですが、それに参加するとお土産がもらえることもあります。

実はこのお土産が人気で、商品の内容にも特徴があるのです。



会社にとって自分たちの株式を保有してくれる株主の存在は、ありがたいものなのです。

長期間保有してくれる株主の存在により、会社が安定して買収などを回避できるためです。

そこで感謝の気持ちを形にするために、株主総会に出席した株主にお土産を渡す場合もあるのです。

お土産の相場は1,000円前後と言われていますが、豪華なものが手に入ることもあります。

 

商品の内容としては自社製品か日用品、株主優待券などが挙げられます。

美味しいお菓子などもあり、それを目当てに株主の権利を獲得する人もいるようです。

基本的にはその会社と関連性のある商品がもらえますが、何かの商品券やプリペイドカード、図書カードなどになる場合もあります。

商品の内容については会社から発表があるため、株主総会に参加する前にチェックしておくと良いです。

雑誌やウェブサイト上の記事でお土産ランキングが発表されることもあるため、同時にチェックすることをおすすめします。

会社からのお土産は無料であるため、ありがたくもらっておきましょう。




お土産をもらうためには、株主総会に参加することが必須です。

参加までの流れですが、案内の封筒が届けられるはずです。

決算時期をまたいで株式を保有した場合、2ヶ月前後で届けられるでしょう。

封筒の中にある案内をチェックすると、株主総会の概要が書かれているはずです。開催日時や会場の場所などが書かれているため、忘れずにチェックしてください。

 

ちなみに参加しないのであれば、議決権だけを行使してハガキを返送することになります。

参加するのであればそのハガキを持って、直接会場まで行くことになります。

案内の中を細かくチェックすると、お土産の内容がわかることもあります。

どのような商品がもらえるか事前にわかっていると、参加するかどうかをすぐに判断できるかもしれません。

会場でお土産を手渡された場合、受け取ってから帰ってください。

その会社の株主だからこそ受けられる特典なのです。