会社の株主となった人が利益の還元を受ける場合、配当金としてそれを受ける方法があります。

また銀行口座に自分のお金を預けると、金利をもらうこともできます。

配当金と銀行口座の金利の2つを比較すると、どちらの方がお得なのでしょうか。

 

結論から述べると、銀行口座の金利よりも配当金の方がお得です。

大きな収益や資産を有する銀行やそのグループを、メガバンクと言います。

メガバンクの普通預金の金利は0.001パーセント、定期預金でも0.01パーセント前後と言われています。

そのため低金利であり、ただ預けただけでは効率良く稼いだことにはならないのです。

メガバンクは知名度が高いかもしれませんが、ネット銀行の方が金利が高い場合もあります。

 

銀行口座の金利に期待するよりも、勇気を出して株式投資をした方がお得なのです。そう言える理由は、配当利回りにあります。

楽天証券

配当利回りとは購入した株価に対して、年間でどれだけの配当があったかを示す指標です。

1株当たりの年間配当金額を1株購入価額で割り、100をかけると計算できます。

基本的にはパーセンテージが高いほどお得です。

そして配当利回りは、1パーセントや2パーセント前後となる場合もあります。

 

1株当たりの年間配当金額が1,000円で1株購入価額が30万円の株式があったとします。

上記の計算方法を使うと、結果は3パーセントとなります。

2パーセントと超えているため、かなりお得と言えるでしょう。

評判の良い銘柄には、4パーセントや5パーセントを超えるものもあります。

DMM株✖江守哲『リアルトレーディングストラテジー』キャンペーンDMM株✖江守哲『リアルトレーディングストラテジー』キャンペーン | GogoJungle

株主への還元を強化するため、積極的に配当を行う会社もあります。

ちなみに会社からの配当は、利益があるからといってもらえるわけではありません。

会社が事業を展開するためには資金の確保が必要で、その上で配当があることが基本です。

配当金がある会社は、ある程度評価して良いと思います。

会社が配当を出せるということは、活動の継続に必要な十分なキャッシュがあるとうい証拠となるためです。

 

配当金がまったくなければ、銀行口座の金利の方がお得です。

しかし配当利回りの高さと期待できるリターンを考えれば、配当金を狙って株式投資を行う方がお得なのです。

 

以上の通り銀行口座にお金を預けてもらう金利よりも、配当に期待した方が効率は良いのです。

配当利回りが2パーセント以上の将来成長が期待できる会社があれば株式を購入して、投資の勉強などを始めることをおすすめします。