株主優待には様々なものがあり、特定の銘柄を気に入ることがあるかもしれません。

気に入った株主優待がある場合、同じ銘柄からたくさん得る方法があります。

優待の内容を効率良く増やしたい!という人は、記事の中で紹介することを参考にしてみてくださいね。

気に入った株主優待を同じ銘柄からたくさん得る方法は、とてもシンプルです。

たくさん得たいのであれば、たくさん銘柄を購入すれば良いのです。

しかし、ただたくさん購入するわけではありません。

 

100株保有で1個の株主優待が得られる場合、500株保有すれば5個もらえると考える人もいるかもしれません。

その通りの場合もありますが、ほとんどの場合はそうなりません。

500株保有しても1個という場合もあるため、優待内容をチェックすることが重要です。

株主優待を目当てに大量に購入したとしても、それに比例して多くなるとは限らないのです。

保有する株式の数は、株主が自分で考えて決めれば良いのですが、気に入った株主優待を同じ銘柄からたくさん得るために必要以上に購入しても、思い通りにはいきません。

投資の一環としてではなく株主優待の内容が狙いだった場合、モチベーションにも関わりますよね。

そこでおすすめする裏技的な方法は、家族に協力してもらうことです。

家族がいるのであれば、株主優待について説明してください。たとえば4人家族の場合を考えてください。

100株保有で1個の株主優待が得られるのであれば、家族全員が100株ずつ保有していれば4個得られます。

株主が無理をして同じ銘柄を大量に購入するより、誰かに協力してもらった方が効率的なのです。

 

多くの証券会社では、未成年者でも口座を開設できます。小学生や中学生などの義務教育の学生でも、法律上は特に制限されていないのです。ただし証券会社ごとに開設条件が異なるため、事前にチェックしておいてください。

条件的に問題がなければ、その人の名義で口座を開設して問題ありません。

1人の株主が証券会社の口座を複数開設できたとしても、意味はありません。

複数の証券会社を利用して複数の口座を開設しても、最終的に合算されるためです。

株主優待の数は1つにまとめられるため、奥様など家族に事情を話して協力してもらうことがベストな方法です。

 

ただたくさん購入するのではなく家族の協力を得て銘柄を購入し、得られる株主優待を増やすことがポイントです。

お金に余裕があるからといって1人で大量に購入しても、優待も比例して多くもらえるわけではないため注意しましょう。

 

楽天証券