権利確定日の時点で必要な株式を保有し株主名簿に記載されていれば、優待を受けることができます。

優待は権利確定日後、どのくらいの期間で自分の元に届くのでしょうか。

年に1回だけではなく複数回にわたり届けられる場合もあるため、今回はその内容について説明します。

優待は権利確定後どのくらいの期間で届くのか?

まずどのくらいの期間で届くかについてですが、株式の銘柄や内容によって異なる可能性があります。

しかし一般的には、2ヶ月から3ヶ月程度となります。

権利確定日というものがあり、一般的には3月末か9月末に設定されています。

その日が3月にあれば、株主優待の商品やサービスが届くのは5月から6月ごろとなるでしょう。

食事券や割引チケット、図書カード以外のものは期間が異なる可能性があります。

果実や農産物などは季節によって味や価値が変わるため、適切とされる時期に届くことが多いです。

たとえば秋の味覚として知られている野菜や果物などは、10月から11月ごろとなる場合もあります。

 

権利確定日後どのくらいの期間で届くか知りたい場合、企業に問い合わせることも可能です。

または企業のホームページ上に説明が掲載されている場合もあるため、優待の権利が決まる前にチェックすることをおすすめします。

優待は年に何回もらえるの?

年に何回もらえるかについてですが、1回だけという企業もあります。

優待の内容には差があるため、株主のために年に何回も優待を送ることが厳しいという事情もあるのです。

しかし余裕のある企業の株主となった場合、年に2回の優遇があるかもしれません。

割引チケットや図書カードであれば、複数回の優遇があっても企業の負担は少ないのかもしれません。

数はかなり限られていますが、年に4回の株式優待を実施している企業もあります。

優待の回数が多いほど株主が得をする、と考える人もいるかもしれません。

確かに豪華な内容の優遇が複数回もらえれば、株主はうれしいですよね。

しかし重要なのは内容であり、1回あたりの優待が薄い場合もあります。

本来は1回分の優待が複数回に分けられることもあるのです。

優待の内容をチェックして、もらえる回数によって豪華かどうか判断してみましょう。

年に1回だけであっても、内容が濃ければ満足できる場合もあります。

まとめ

優待は権利確定日後2ヶ月から3ヶ月でもらえるとされていますが、気になるようでしたら企業に問い合わせてみるとよいでしょう。

そしてもらえる回数にも差があるため、内容を詳しくチェックしてから株主となってください。