企業から発行される株式を買って保有すると、株主優待という特典を受けることができます。

この株主優待を受けるには、どのくらいの株を買わなければならないのでしょうか。

ただ買えば良いというわけではなく、数に条件がありそれを満たすことが大切なのです。

どのくらいの株を買わなければならないのかについてですが、銘柄ごとに異なります。

株数の保有に関する条件は、企業ごとに異なるのです。

たとえば100株以上で商品券がもらえるという内容の場合、株主優待を受けるためには100株を買う必要があります。

100株未満では優遇を受けるための条件を満たさず、権利が認められないのです。

取引の最低単元が100株であっても、株主優待の対象となる最低ラインが500株という場合もあります。

株主優待は企業から株主に対して、自社株を保有してくれてありがとうという感謝の制度でもあるのです。

まとまった株式を長期間保有してくれる株主がいると、企業にとっては安定というメリットが得られるためです。

逆のことを言えば、株主にまとまった株式の購入と保有を促すための制度でもあります。

そのためたった1株だけを買ったとしても、100株以上買った株主と同じような扱いを受けることは基本的にはないのです。

 

100株が最低ラインの場合、株主優待を受けるために買うことをおすすめします。

もし余裕があれば、500株や1,000株以上買うと良いでしょう。

保有する株数に応じて、株主優待の内容がグレードアップする場合もあるためです。

たとえば大手ファーストフード店のケンタッキー・フライド・チキンの場合、株主優待として食事券がもらえます。

保有する株式が100株以上300株未満であれば、年間1,000円分の食事券となります。

それが300株以上500株未満となると、年間3,000円分となるのです。

500株以上となると、年間5,000円分、1000株以上で年間10,000円分となるのです。

このように株数に比例して内容が豪華となるため、その企業に将来性を感じている場合は積極的に買うと良いです。

 

ちなみに人気の高い銘柄の場合、権利が認められる最終日に向けて値上がりが起きることもあります。

株主優待を受けるだけではなく、売却益を得ることを目的とする人もいるからです。

 

以上の通り株主優待は買えば買うほど内容が豪華となる場合もあるため、余裕があれば積極的に買ってみると良いでしょう。

必要最小限の株数を保有することが基本的な条件となるため、事前に企業のホームページなどをチェックしてみましょう。