会社から発行された株式を買って配当を受ける株主となると、配当利回りというものが関わります。

配当利回りを計算して株式投資をすると、自分がどれだけ利益を出したかがわかるのです。

その特徴や計算方法なども紹介しますので、事前に勉強してみてはいかかでしょうか。

配当利回りとは

株式の購入価格に対して1年間の配当リターンを表す指標を、配当利回りと言います。

会社の株主が投資先を選ぶ際、この指標の高さが1つのポイントとなります。株式投資の中では基本的な考えとなります。

配当利回りの計算方法は、とてもシンプルです。

1株当たりの年間配当金額を1株の購入価額で割り、それに100をかければ良いのです。

たとえば年間配当金額が10円で、1株の購入価額が500円だとします。

10円を500円で割ると0.02円となり、さらに100をかけると2円となります。

つまり上記した例では、配当利回りは2パーセントとなります。

配当利回りの平均は1パーセントから2パーセントと言われているため、2パーセントもあれば良い方です。

 

2つの会社があり配当金額が同じ場合、購入株価が高いと配当利回りは下がります。

反対に購入株価が低いと、配当利回りは上がります。

いずれにしても何パーセントかを知りたい場合、計算方法がわかっていればすぐに求められるでしょう。

たとえば年間配当金額が1,000円で購入株価が30万円の株式Aと、年間配当金額が800円で購入株価が24万円の株式Bがあるとします。

株式Aと株式Bを一瞬見ただけで、どちらが得なのかわかる人がどれだけいるでしょうか。

投資経験が豊富な株主なら、パッと見てわかるかもしれません。

しかし配当金や株価は会社ごとに異なり、金額だけを比較してもわからないこともあるのです。

配当利回りは比較する上で重要な物差しなのです。

株式Aの配当利回りを計算すると3パーセントとなり、株式Bも3パーセントとなります。

つまり配当利回りで言えば、2つとも同じく得なのです。

まとめ

このように計算して比較しなければわからない場合もあるため、計算方法は是非とも覚えておいてください。

計算方法と必要な数値がわかっていれば、スマートフォンの電卓を使って外出中にチェックすることも可能です。

年間配当金額と購入株価だけがすべてではなく、配当利回りを計算してから判断することをおすすめします。

複数の株式があった場合どれが得かをすぐに決めるのではなく、計算するように意識してみてください。

 

メールアドレスの登録だけで、毎週無料で推奨銘柄がでもらえます。

私も参考にしています(^^)/ ↓↓↓